家づくりとライフプラン

家づくりとライフプラン / ライフプランナー 釘宮和也先生

団体信用生命保険とは?
~団体信用生命保険の種類と保障内容について

 皆さん、こんにちは釘宮です。
 住宅を購入することになれば住宅ローンを組まれることと思いますが、このときにほとんどの方は「団体信用生命保険」という生命保険に加入されています。
 保険料を銀行が負担している場合が多いため、ご加入されているという自覚の無い方も多いのではないでしょうか?しかしこの「団体信用生命保険」はとても重要なもので、しかもこの保険に入っていることで、現在加入している生命保険を減らしていくことも可能なのです。
 今回はこの「団体信用生命保険」についてご説明させていただきます。

団体信用生命保険とは?

 「団体信用生命保険」(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済途中で死亡したときや高度障害状態になった場合に、残りのローンを肩代わりしてくれる住宅ローン専用の生命保険です。

 もし団信に加入していない状態で、返済者に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けていかなくてはなりません。収入も途絶えたうえに住宅ローンの返済までがのしかかっては生活は成り立たなくなってしまいます。

 他の生命保険との兼ね合いもありますが、マイホームに安心して住み続けるために、団信はとても大切なものなのです。
 一部例外はありますが、団体信用生命保険への加入は住宅ローンの借り入れ条件になっていることが多く、住宅ローンの借入と同時に加入していることが一般的です。
団体信用生命保険の支払いは、明確な「保険料」という形を取らずに金利に上乗せされたりしているケースもあるため、「保険に加入している」という意識は薄くなりがちで、「え!私も団信に入っていたの!?」というケースも少なくないようです。

団体信用生命保険の種類

 団体信用生命保険で代表的なものは、通常の団体信用生命保険、三大疾病特約付団体信用生命保険、八大疾病特約付団体信用生命保険などが挙げられます。

 通常の団体信用生命保険は「ローンで契約者が死亡もしくは高度障害状態のときにローンを肩代わりしてくれる保険」で、ほかの2つの保険は、そこに特約を付加することによって死亡や高度障害状態以外でも住宅ローンが免除になるタイプの保険だと言えます。

<通常の団体信用生命保険>

ローン契約者が「死亡・高度障害状態」になったときに残された住宅ローンが完済される仕組みです。基本的に通常の団体信用生命保険は無料で、保険料として金利が上乗せされることはありません。

三大疾病特約付団体信用生命保険>

ローン契約者が死亡・高度障害状態になったときに加えて、「三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)で所定の状態」になったときにも残された住宅ローンが完済される仕組みです。なかには一定期間のうちは毎月住宅ローンを負担し、それ以上症状が続いたときにはローンの残額を完済する、という保障が2段階になっているタイプも見られます。
 金融機関によっても違いはありますが、金利の上乗せとしては、年0.25%程度のものが多いようです。注意したいのは、支払条件の三大疾病それぞれで「所定の状態」が異なる点です。商品によっても違いがあるので、その点はあらかじめ確認が必要となります。

<八大疾病特約付団体信用生命保険>

 ローン契約者が死亡・高度障害状態になったときに加えて、「八大疾病で所定の状態」になったときにも、残された住宅ローンが完済される仕組みです。
「八大疾病」という病気の括りはあまり聞き慣れないかもしれませんが、三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)と五疾患(糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性膵炎・慢性腎臓病)を指しています。
金融機関によって違いはありますが、金利の上乗せは年0.3%程度のようです。それぞれの疾病の「所定の状態」については、商品や金融機関によって違いがありますので、加入前にしっかりとチェックされることが必要です。 。

団体信用生命保険に加入できない方もいる

 団体信用生命保険も生命保険の一種ですから、契約する際には健康告知が必要となります。健康告知とは生命保険への加入を希望される方が、保険会社に自分の健康状態をあらかじめ告知する事です。生命保険会社はその健康告知をもとにお客様を保険に加入させて良いかどうかを判断します。ですので、持病や既往症を持たれている方は団体信用生命保険に加入できないケースもあります。
そして、団体信用生命保険への加入が住宅ローンの借り入れ条件となっている場合、住宅ローンの審査に通らないということも起こってしまします。

団体信用生命保険ではカバーできないリスクがある?!

 団体信用生命保険で保険金が支払われるのは、基本的に死亡・高度障害状態のときです。特約を付けると、三大疾病や八大疾病で所定の状態に該当したときにも保険金を受け取ることができます。 しかし、それ以外でも住宅ローンを返済できなくなってしまうリスクがあります。
それは病気やケガで長期間に渡って働くことができなくなってしまった場合です。
短い期間のみであれば、有給休暇や傷病手当金といった制度を利用しながらなんとか凌げるかもしれませんが、働けない期間が長期に渡ってしまい収入が大幅に減少したなかで、毎月の住宅ローンを返済し続けていくことは困難なことだと思われます。

 団体信用生命保険に入れない、また団体信用生命保険でカバーできないリスクをどうすればいいのか。
それについては別途対策が必要となります。

ソニー生命保険株式会社 北九州支社
ライフプランナー 釘宮 和也

SL18-1430-0031

2015年3月2日 掲載(2018年7月更新)

家づくりとライフプラン / ライフプランナー 釘宮和也先生

「ライフプラン表」を作ってみよう!

 こんにちは、釘宮です。前回「ライフプランニング」の重要性についてご説明させていただきました。今回は実際に「ライフプラン表」を使って行うライフプランニングをご紹介させていただきます。

 「ライフプラン表」は人生設計を行うときに最も効果的なツールです。このツールを使えば、いつどんなイベントがあるのか一目瞭然です。また時系列に表してみることで、初めて気づくことも多いものです。

ステップ1人生設計を考えよう

人生にはさまざまなイベントが控えています。将来予想されるイベントを考え人生設計をイメージします。イメージしたイベントはライフプラン表の上半分に時系列で記入します。将来のイベントがイメージできたら、それを実現するための「お金がかかるもの」と「お金がかからないもの」に分類します。そして「お金がかかるもの」については次のステップ2に進みます。

ライフイベントの例

  • 家族全体のイベント「住宅の取得」「家族旅行」
  • 子どもに関すること「進学」「就職」「結婚」
  • その他「自動車の購入」「趣味に関すること」
ステップ2資金計画~人生設計に必要なお金を計画的に備える

 イベントを充分にイメージした後は資金計画です。

 そのイベントを実現するために必要な資金を見積もって、ライフプラン表の下半分に記入します。また不測の事態(病気やけが、急なリストラなど)についても経済的な裏付けを検証します。

主なイベントの費用の目安

  • 結婚費用(結納・婚約~新婚旅行) 約469万円
  • 教育資金(幼稚園~高校まで公立、大学のみ私立<文系・賃貸>の場合)
     約1,498万円
  • 住宅購入費 建売住宅  約3,800万円
  • 老後の生活費(最低限) 約22万円/月
ステップ3対策の検討

 資金計画の結果、将来見込まれる収入を大きく上回る支出が予想される場合、それを実現可能な状態に向けて調整を行うことになります。

 方法としては「収入を増やす」か、イベントにかかる「支出を減らす」のどちらかしかありません。

収入を増やす

  • 本人の収入アップ(転職・独立)
  • 家族からの援助(配偶者のパート・親からの贈与、資金援助)等

支出を減らす

⇒ イベントに優先順序をつける

  • 実現しなくても構わない → 取り止め
  • そのまま実現しなくてもよい → 規模の縮小、時期をずらす

 以上ステップごとに「ライフプラン表」の作成をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 ライフプランは、いうなれば人生の設計図のようなものです。このライフプランがあることで、必要なお金にも計画的に備えることができ、同時に漠然と描いていた夢をより現実に近づけることができます。理想的な人生を送るためにも、ぜひ早い段階でライフプランを作成し自分やご家族の将来と向き合ってみてください。

  • ※ライフイベントの費用の目安
    出所<結婚費用・教育資金・老後の生活費>ソニー生命保険 暮らしのデータファイル
    <住宅購入費>RKB住宅展 小倉北総合案内所調べ
  • ※無断での複製、転用は禁止いたします

ソニー生命保険株式会社 北九州支社
ライフプランナー 釘宮 和也

SL18-1430-0030

2015年3月2日 掲載(2018年6月更新)

家づくりとライフプラン / ライフプランナー 釘宮和也先生

「ライフプランニング」ご存知ですか?

~住宅購入時のライフプランニングの重要性〜

 初めまして。私は住宅ローンコンサルティングを中心に活動しているライフプランナー(ファイナンシャルプランナー有資格者)の釘宮和也と申します。

 皆さん、「ライフプランニング」という言葉をご存知ですか?あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。「ライフプランニング」とは将来「こうありたい」というビジョンをもとに、自分と家族の想いが入った人生計画を創ることです。皆さんは将来「こうしてみたい」「こうなったらいいな」といった夢や希望を持っています。ただ、実際には普段の生活の中で将来のことについて具体的にお考えになっていらっしゃる方は少ないのが現実です。「なんとかなるだろう」という淡い漠然とした期待のもとで先のことは考えたことがない、考えないようにされている方が大多数です。しかし、「なんとかなる」では「なんともならない」ことが多いのも現実です。特に実現するためにお金のかかる「夢」「希望」「心配事」については、早い時期から計画的に対策を立てていかなければ、いざその時になって慌ててもどうすることもできません。

Q.では、具体的にどうすればいいのでしょうか?

A.それはまず「必要なもの」「欲しいもの」を明確に区別することです。

必要なもの(例)

「将来子供が望むとおりの教育を受けさせてやりたい」とお考えの場合

  • 教育資金
  • 教育のための住環境(部屋・学区)

欲しいもの(例)

  • (なくてもなんとかなる)自動車
  • (気分で行ってしまう)外食、旅行

 皆さんにとって本来優先順位が高いものは「必要なもの」です。しかし将来のことをあまり考えず、その場の気分で判断してしまうと「必要なもの」より「欲しいもの」を優先させてしまい、無駄なお金を使ってしまうことがあります。

 例えばあと5年くらいしたらマイホームをと夢を持っていたのに、少しお金が溜まると(なくてもなんとかなる)自動車などを買ってしまうことはよくある話です。もちろん、自動車を買うこと自体は決して悪いことではありません。夢や希望を実現することはとても大事なことです。しかし(なくてもなんとかなる)自動車を無計画に買ったことによって、マイホームの頭金が足りなくなった、子供の進学資金について借入金が必要になる、場合によっては進学先を変えなければならない、という事態を招く結果になるとしたら、その時点では自動車購入は選択すべきではないでしょう。

 ライフプランニングを行うことによって夢や希望を実現するために、あるいは心配事を解消するために、今からどこに向かって(目標)、具体的に何をすればいいのか(アクション)が見えてくるはずです。

 皆さん、ライフプランニングの重要性を少しはご理解いただけましたでしょうか?次回は「ライフプラン表」を使って行うライフプランニングを、ステップごとに見ていきます。

ソニー生命保険株式会社 北九州支社
ライフプランナー 釘宮 和也

SL18-1430-0022

2014年12月27日 掲載(2018年6月更新)